気になる薄毛は病気かもしれない|AGAの症状は医療機関で解決

男性

どこで治療を受けますか

男の人

皮膚科や内科での治療

男性型脱毛症であるAGAを病院で治療する場合には、通院先をまずは選ぶ必要があります。AGAを病院で治療する場合には、一般的な病院と専門の病院のどちらかを選ばなければなりません。それぞれ特徴が異なるため、一般的な病院と専門の病院のメリットを把握しておきましょう。一般的な病院の多くは、皮膚科や内科を掲げています。そのため、AGAを専門に扱っているわけではなく、内服薬の処方が主な治療内容となります。また、無料のカウンセリングは用意されているケースは非常に少なく、どのような治療方法があるか、どれくらいの治療料金となるのかは事前に知ることが難しい面があります。一般的に通院は3ヶ月〜6ヶ月に1回ほど、費用は9000円から1万5000円ほどです。重症なAGAの状態を治療することには向いていませんが、現状維持や薄毛の進行を遅らせることには向いています。

専門的な治療を受けられる

皮膚科や内科などに対して、AGAを専門に扱っている病院もあります。AGA専門であるため、皮膚科や内科よりも高い発毛効果を得ることができるのが大きな特徴です。治療方法は内服薬の処方に加えて、症状に合った治療メニューが用意されています。また、無料のカウンセリングが設けられているため、事前に詳しい相談をすることができます。その他、定期的に検診を受けることができ、治療経過を確認することができます。通院は1ヶ月に1回ほど、費用は2万円から3万円ほどが一般的です。皮膚科や内科より通院頻度が高く、費用が高い傾向があります。その分発毛効果を実感することができるため、多くの方が専門病院に通院されています。AGAは男性の自信を失わせる症状です。その自信をより取り戻してくれるのが、AGAの専門病院と言えるでしょう。